学ぶ君

この学ぶ君ページではFKLの車両をより良い状態でご利用いただくための
ワンポイントアドバイスを掲載しています。

学ぶ君 ワンポイントアドバイス

 三菱グリンディアEX(3.5t~5.5t)の駐車スイッチ

 

(パーキングブレーキ)の操作にご注意!!

 

 


 

注意事項 (厳守願います。)

 

1.走行中にパーキングブレーキスイッチを押下し作動させないでください!

  ⇒パーキングブレーキオーバーホールの原因となり高価な修理費が発生します。

  ※100万円以上の修理事例がございます。

2.離席によるパーキングブレーキ発動後の解除方法

  ⇒着座しなおし、シフト(前後進)レバーをニュートラルに戻し、パーキングブレーキを

   解除してください。

  ※解除しないとパーキングブレーキが作動状態のままです。

   解除が出来ていない場合は、モニターのP警告ランプが点滅してしていますので必ず

   確認してください。

   解除後、必ずP警告ランプが消灯しているか確認し始動させてください。

 

 


 三菱グリンディアEXのパーキングブレーキスイッチについての説明

 ①なぜスイッチ式パーキングブレーキなのか?

  ニチユ三菱独自の車両統合管理システムで自動作動による安全の

  備えとして離席時の安全を守るインターロックシステムを強化。

  オペレーター(運転者)がシートを離れるとマストならび走行を

  ロックに合わせ「パーキングブレーキ」も自動的に作動します。

  (ピーという警告音が鳴ります。)

  危険に繋がる誤作動やパーキンググレーキのかけ忘れを防ぎます。

 ②簡単な仕組み

  トランスミッション内のプレート回転を制御して車両を制動させます。

 ③自動作動ならび手動の発動条件

  1.オペレーター(運転者)がシートを離れると自動的に作動します。

  2.パーキングブレーキスイッチを直接押下する。(手動)

 

  

  

レンタル

  • 安全・安心サポート
  • 保険について
  • レンタルカタログ
  • 料金表
  • レンタルの流れ

取引先登録台帳(新規の方)

レンタル機借用依頼書(注文書)

ワンポイントアドバイス 学ぶ君

中古車販売 高価買取実施中!

メンテナンス・修理も受付中!

特約店・代理店:FKLは保険も扱っています。

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

メールでのお問い合わせは

お問い合わせフォーム